鳥取マラソン2018の撮影を実施しました

鳥取マラソン2018の撮影を実施しました。

昨年のドローン菓子撒き事故から、航空法の規制強化が行われ

イベント空撮ではワイヤー係留+立入禁止エリアが必須となりました。

本番直前に小雨が降り始め、撮影中止を視野にいれながらの待機。

運よく雨がやみ、一気に気温が下がった寒空の中での撮影でした。

ランナーの皆さんを逃さず撮影するつもりでしたが、ワイヤーの重さと寒さで

バッテリー消費が思ったより激しく、非常に難しい撮影となりました。

理想とは程遠い仕上がりとなり、クライアント様にご迷惑をおかけしたと思いますが

事故なく無事に終了することができました。

この経験を糧に日々精進してまいります。

 

ランナーの皆様、鳥取マラソンお疲れ様でした。

 

カテゴリー: 総務部